日記

ニュー·センチメンタリティの記録

2024/02/21

・この2本が2024年以降のラジオを作っていく。オードリーの東京ドームを経てあらためて思う。

【脳盗】2024.01.14 喧嘩脳① - YouTube

【脳盗】2024.01.21 喧嘩脳② - YouTube

 

 

ナナシス10周年らしい。ゲームをやったことはない。この曲すごいいいし半音下げだった。

Snow in "I love you" ‑ 曲・歌詞:777☆SISTERS | Spotify

 

 

・Womanを見終えた。「遠き山に日は落ちて」が聴きたくなる。大人というのはこれほどまでに一貫していないし、じたばたするし、自分勝手だと精緻に描いていたドラマだった。覚えていたいセリフがラッシュで来るので一気見しない方がいい。観覧車は乗らなくていいの?という質問に、行かない、だって

どっちが楽しかったかわからなくなるじゃない

と答えていた。よく思いつくな……

サントラが配信されていないよ。どうにかして聴いてほしい。

 

 

伊予灘ものがたりという鉄道があるらしい。土日しかやってないのか。3月9日10日に行けそうか??

 

 

小林賢太郎作品を見よう。

 

 

・今月一通も投稿が読まれていないし2月はすぐ終わる。

 

 

 

 

2024/02/20

creepy nutsのANN懐かしかった。DJ松永の読み方いいよな~。山田裕貴のラジオって昇格するくらい人気なんですね。聴いてみよう。

 

 

・Womanセリフが胸焼けしてるので時間を空けようと思う。一気見に向いていない。VIVANTとかそうだったんじゃないかな。毎週見ていた人と年末年始に一気見した人では全然違う感想を持つだろう。

 

 

・宮原颯希's threadsでは初出しの情報が当然のように語られるので必見である。夏井いつきとROLANDの番組をEテレで見ているという話題の中で松山に旅行に行ったらしい旨が書かれている……。四国に行かないまま人生を終えることは余裕でありうるので、どうにかして行ってみたい。道後温泉行って、他はどこだろう。坊ちゃんスタジアムとか正岡子規ミュージアムとかだろうか。うわ、行きたい。調べていたら宇部市ではエヴァンゲリオンの町おこしが行われているらしい。それも行きたい。

 

 

 

墨田区にある映画館strangerも行ってみたい場所の一つであった。ただ、「王国(あるいはその家について)」は全くよくわからなかった。同じシーンが繰り返し演じられる。場所はインサートされるのみで、想像するしかない。2時間30分、早く終わらないかなと思い続けてしまった。もうわかったから、と。たしかに掴みかけたけどね。「定期演奏会」の会話で、「反論か」とか「理論を無理やり……」とか「先輩」とか。こういう断片を手繰り寄せるべきだったのだろう。すいません、インスタントに見てしまって。感想を見てみると「演技が繰り返されることで役が俳優に入っていくのがすごい」とか「映画を観ながら頭の中でも映画を観ていた」などあった。全然違う感想である。

 

 

・でも意外と映画って「損した」って思わない感じがあります。ライブもそう。もう見なかった自分には戻れないから。こうやって次へ進むのである。

2024/02/19

・なんでも鍋にしてしまえば良いと思いながら、白菜と鶏もも肉をぶっ込んだ。

 

 

 

・この映画、不思議だ。朗読劇のような、でもたしかに動いているような。

【公式 2週間限定無料公開】ラ・ジュテ [日本語ナレーション版]/シネフィルWOWOW プラスでは世界の名画を配信中 - YouTube

 

 

 

・「お守りのようなイベントになればよい」若林さんは何気なく言っていたが、とても素敵な言葉だ。TIF2022のスカイステージはお守りだし、forever friendsもお守りだし、タイバン新宿文化センターもお守りだと言える。昨日の東京ドームでは、いい言葉が沢山あったし、いい瞬間が沢山あって、でもそれを極めてナチュラルにやっていたのが印象的だった。たしかにプロレスは見慣れないので難しかったよなとも思い出す。あそこは演出だからである。DJも。それは悪いことだと思っていない。ふんぞり返って臨むとなんでも文句言えるしな。スタッフは批評的であればよいがファンの大半は盲目的でも問題ないはず。もちろん分析しても良い。

 

 

 

・斎遊記in渋谷を見てきた。TAIKINGギターうまくてすごい。家入レオ、澄み渡っている。キュウ面白い。斎藤宏介、女声キーでも自分の歌い方でやっていた。EM7、MR.アンディ、サブリナ、空と青、あいのうた、シュークリームになりたい、ヤングハンバーガー。

 

 

家入レオって麻倉ももと同級生だったんだ。野音のツーマン行ってみようかな。

2024/02/18

・爪の術後なので雪駄で『DIALOGUE+10thシングル「イージー?ハード?しかして進めっ!」発売記念リリースイベント(ゴシック体)』に向かう。短い時間で出来ることはいつもないし悲しい。「名乗ることの大切さ」はここで触れた。本当は自己紹介したい。横から入ってきて横から出ていく人の言葉はバッティングセンターのよう。打ちやすい球なのか投げたい球なのか(答えやすい質問か言いたい想いか)。

 

 

・このアナロジーは正確ではない(かもしれない)。レポと言われる投稿には会話の「キャッチボール」が記されているからだ。ピッチャー強襲してバックホームしているわけではないのである。なるほどね、言いたいことは最初の一言で、そこから広げてるのね。まじすごいっす。

 


・以前「漫才34組見ても覚えてるし会で話したことも覚えてるだろう」と書いたがそのアナロジーも間違っている。4分の面白い話は覚えてるけど20秒の取るに足らない話は忘れる。思い出してみても最後に放った言葉は「海釣りの話どこかに書いていただきたいです」である。変な頼みだよ、本当に。キャッチボールの最後の球がこれでいい訳がないです。バッティングセンター方式な僕らは旅に出ようぜ……

 

 

・野球に寄った喩えは「オードリーのオールナイトニッポン in 東京ドーム」を配信で見たからだろう。いつものラジオ(チェひろし込み)、プロレス、DJ、星野源feat.MC waka、すごい時間だった。ラジオっていいな、漫才っていいな。最後に流れた場面写で、2人がすごく破顔して向かい合ってて泣きそうになった。20秒のお話し会にグチグチ書き連ねるよりも目の前の人と笑い合う方が絶対に尊いだろう。情熱スリーポイント、踊り場、オードリーのオールナイトニッポン。いいラジオイベントがいっぱいあって幸せだ。うそほんのイベントもよかったことをたまに思い出す。

 

 

・「ねえ退屈を笑う魔法を教えてあげる」

Analogfish - SHOWがはじまるよ (Official Lyric Video) - YouTube

2024/02/17

・Woman見てたら確かに2013年ぐらいって不治の病系ドラマが流行っていたようなことを思い出した。連続で見ると坂元裕二セリフが胃もたれしてくる。ただ、高橋一生医師の「その気持ちで治ります(ニュアンス)」はすごく良いです。

 

 

・東京都同情塔も読み始めた。3冊並行している。それぞれ内容を思い出すまで時間がかかる。脳トレか。主人公のモノローグの理論武装感がいいですね。

 

 

・すべての平成ポップスの元ネタなんじゃないかと思うアルバムだ。

open.spotify.com

 

 

・「足の爪、術後、痛い」で検索しても「当然」としか出てこないだろう。

2024/02/16

・昨日は木曜日だったのでこの曲のリアルタイム性が高かった。全曜日が出てくる曲を書けば商機が見える。

賛歌 ‑ 曲・歌詞:君島大空 | Spotify

星の降る夜を待って泣いてばっかね、木曜日

煙る午後に飛べそうな窓をあけて

 

 

ボルダリングをしたら、前回出来なかったコースがクリアできてその次ができなかった。腕って伸ばしたり曲げたりするといいですよ♪←何も言ってないようでその通りだった。曲げっぱなしで移動しているので握力が使い果たされていた。

 

 

 

・Womanと訂正可能性の哲学と黄色い家、すべてに「家族」が登場する。逃れられないし逃れるようなものでもない。

 

 

 

・足の爪の手術を受けたら、麻酔が一番痛かった。途中から「いくつもの♪」が流れてきて、まだ終わってないのにと思うなどした。Goingの曲順!粗品です……お久しぶりです……お元気でしたか……(ガク)。

 

 

 

・「~はなんぼあってもいいですからね」のパロディは、「なんぼ」で確定してしまうので面白くない。

 

 

 

東京03の好きにさせるか興味深かった。3人が気を遣っている空気感、それがこんなにひしひしと伝わってくるゲストは珍しい。極論を言って、でも質問されるとごにょごにょ言っている。ラジオで聴く裸の王様(最新版)である。

2024/02/15

坂元裕二脚本のWomanを見始めた。心の柔らかいところを突いてくる1話だった。心は全部柔らかいとも言える。11年前でも鋭さがある。舌打ち、咳払い。

 

 

・ろぐろぐ、シチュエーションとか募集あったのかな。無さそう。似てるお題が多く、鋭さがない。企画中にも指摘されていた。内緒の企画なのかもしれないけどね。メールが必要な番組にするつもりがない明確な意思表示で、それを今更言ってるのは鈍感で純粋すぎるリスナーだよと言って欲しい。

 

 

ふつおたとランキングぐらいしか送れないし、後者ってどうやって送っている?8人分なのか1人分なのか。順番当てたらご褒美とか。そもそも採用されたらステッカーとかないのかな。音泉の予算にないのか。

 

 

・いつまでも聴いていたい気持ちと帰りたい気持ちが同居したライブだった。いや、後者が強いな。スタンディングで3時間は長い。いい瞬間も多かったが。しかし。
f:id:aoyagidw:20240215231825j:image

 

 

 

 

・OldTweetdeckのカラムが全く更地になった。他人のいいねを色々カスタマイズしていたが忘れてしまった。なければないでいいのかもしれない。